くつべら 塗装

先日100均で購入してきたコンパクトな靴ベラですが、
試し打ちしてみた感じではけっこうインパクトの強い素材のようです(ブナ材)

こういったものが100円で買えるようになるとは、20年前には想像もしていなかったので、
本当にありがたい世の中になったものです(加齢)

そのままではつまらないので、2回ほどブラック塗装をしてみたものが
こちら・・・

この後、柄のケツ部分に装飾をしたり、グリップ部分を加工したりする予定です。

ちなみに100均で売っている布団叩きなどはPP(ポリプロピレン)製なので、塗装をするためには、専用のプライマーなどによる下処理が必要で、かなり工数がかさむので面倒ですが、

こういった木製のものなら、シリコンスプレーなどを薄く何度か塗布すればそれなりの見た目になるので、好きな色に染めてみるのはいかがでしょうか?

俺が木製の道具をブラックに塗装するときは、だいたいこれをつかってます↓
人体に有害な成分が含まれていますので、くれぐれも閉め切った室内では使わないようにしてください。

ニスは水性のアクリルシリコンタイプを使っています、少々値段は張るのですが、
仕上がりが綺麗で耐久性にも優れています。水性タイプのものだと、ラッカー系で塗装したものの上から塗布ができるので、便利です。

もっと簡単なものだと、以前、ご紹介したかもしれませんが、30cm~50cmくらいの物差しを2枚用意して、裏側を水性ボンドで張り付けるだけでも、すこし威力の高いお仕置き道具が出来上がります。

革やゴムなどを使うと、加工にも手間がかかりますし費用もそれなりにかかりますので、お近くのダイソーなどに行って、少しの費用と手間で作れるオリジナルアイテムを作ってみると、楽しいと思います。ぜひ、試してみてください。ホームセンターの工具売り場や自動車用のパーツが売っているところにいくと、色々とアイデアがわくかもしれません。

ただ、一つ注意して頂きたいのは「金属製」の素材は、体にかなりのダメージを与えてしまうので、注意して頂きたいという事です。「鉄扇」なども、非常に危険なため、できれば、木材、プラスチック、竹材など、丈夫で安全な素材をおすすめいたします。

それから、つくった道具は、まず、人に試す前に自分の尻で確かめましょう。
どのくらいの痛さ・ダメージがあるかを身をもって確かめてから、他人に使うことは最低限のマナーであります。

さて、オリジナルお仕置き道具を作るのに、さらに優れた・・・というか、
長い間やりたいと思っていたことが、近々職人さんと相談して実現しそうなので、
2週間後くらいに、成果をアップできるかもしれません。


Comments are closed