スパルタ塾

渡辺の門(わたなべのもん)とは、山梨県韮崎市に1951年から1990年代中頃まで存在した進学塾。 塾長は渡辺勇三。 海軍飛行予科練習生の出身という経歴を持ち、塾では旧帝国海軍の指導方法を根底においたスパルタ教育を行っていた。(wikipediaより)

というわけで、例のスパルタ塾ですが、
昔のワイドショーで潜入体験取材した時の映像が
ちょっとだけあったので載せてみます。

spjuku013 spjuku001 spjuku002 spjuku003 spjuku004 spjuku005 spjuku006 spjuku007 spjuku008 spjuku009 spjuku010 spjuku011 spjuku012

後半のパンツ一丁で背中を鞭で叩かれてるやつなんかは、
取材だからパンツはいてるけど、普段やられる時は全裸だったらしいし、
こんなもの、今のギスギスしたヒステリックジャポンで放送したら、
苦情が殺到ですね。きっと(笑)

wikipediaの記述のなかで↓のような戸塚ヨットスクールの比較ってのがありました。

「渡辺の門」では、塾生が親元を離れ単身にて寮に居住するなどの事情から、しばしば戸塚ヨットスクールとの比較がなされていた。 両者とも同じスパルタ教育方式を採用していたが、戸塚ヨットスクールと異なり、渡辺の門は、以下を根底とした教育方針を行っていた。
1. 学習活動に主眼を置いていた。
2. 入寮者が100人を超えた最盛期であっても、スタッフは塾長一人のみで、剣道を教える「嵐」以外の外部講師やコーチはいなかった。
3. 塾長による体罰はあったが、それが元での刑事/民事告訴はなかった。寮内での死亡事件も起きていない。
という大きな相違が見られる。(wikipediaより)
そもそも、体罰で怪我させちゃったり、人死にがでちゃったりっていうのは、
加減がないのと手法に問題があるのと、それから、
やるほうの精神が未発達でブレーキがきかないってのが原因だと思うのですが、

渡辺の門の場合、塾長がそのへんにきちんと配慮してやっていたのかもしれませんね。
それか、ものすごく巧妙に隠蔽していたかどっちか(笑)

↓ニコニコにも動画もありました。

当時(1975年前後?)は頻繁に取材をされていたような感じもあるので、
ものすごく探せば他にも色々ありそうです。
でもネットにアーカイブされたりしてなさそうなので、新聞とか
雑誌とか本とか、紙ベースの情報だと思うのですが…。
このへんに海外メディアに取材された時の記録が載ってます↓
http://www.corpun.com/jpsc7508.htm
http://www.corpun.com/rules2.htm#japan
http://www.corpun.com/rules2.htm#japan


Comments are closed