「大人」というコスプレ

ずいぶん前に「少年少女のためのイギリス紳士・淑女マナー」みたいな本を読んでいたら、その中の一つに『鼻をかんだ後のちり紙を開いて、まるで宝石のように眺めてはいけません』と書かれていて、それは無理だ・・・と思いつつ、イギリスの人ってブラックすぎ・・・というか人間の本質はどこの国へ行っても一緒なんだな、と変なところで関心してしまった変態です。こんばんは。

最近、顔と腹に肉がつきましたけど、尻にもつきました、たぶん↓

ほんとは、東☆ガスのエ●スタのユニフォームが欲しいです。
黄土色で肩のところに赤と青のポイントカラーのアレ。

それから、佐|||急便のシマシマのユニフォームも・・・。
sagawa

レプリカでもいいので、似たようなのがあったら教えてください。
あと、職種柄、ほとんどスーツを着る事がなくて、持っているのも冠婚葬祭用の黒服かドレッシーなものしかないので、コスプレ用にすごく普通の色とカタチのスーツを買ってみました(笑)
DSC00124
DSC00100
DSC00122

よくみたら、糸くずが(笑)

スーツは部屋で撮ってもあまり面白みがないな・・・。
あと、けっこう大きなサイズのスーツも衣装用にもらったりしたので、今度誰かに着せて、職場の先輩後輩ごっこします(`・ω・´) シャキーン

非スーツ職の自分にとってスーツは「大人」のコスプレという感じです。
まあ、スーツきてなくても大人(というかオッサン)だけどな・・・。
それから、夕方J-waveの番組で「SとM」という本を書いた鹿島 茂という人がSMについて喋ってたんですが、SM行為がセラピーのようなものだとか、最近は強い父親、優しく厳しく叱る母親がいないので「怒られたい願望」を持つ人が増えたとかとか、

SMとスパンキングフェチは内容や意味合いとしては全然違うのですが、2者の関係の構図は「スパンキング≒SM」ではあるので、なかなか興味深いお話だなと思いました。「SとM」今度、読んでみよう。

ところで、本つながりで、思い出したけど、ずいぶん前に書いた「家畜人ヤプー」は幻冬舎から出ている文庫で全5巻を読みました。ずいぶんと中途半端なところで終っているな・・・と。石ノ森章太郎の漫画版も人から借りて1巻だけ読みましたが、全巻読みたいです!復刊しないかな!!

あと、「アレのホモ版マンガを誰か書かないかな」みたいな事もチラッと書いたと思うのだけど、田亀源五郎の漫画に家畜人ヤプーが元ネタだろうと思われる漫画がけっこうあるみたい。ちょっと読んだけど、相当エグかった(汗

あとあと・・・、昨日のニュースで『「家畜人ヤプー」の作者と告白、天野哲夫さん死去』てのがあったんだけど、本当のところはどうなんでしょう??諸説あるようですが、いったい誰が書いたのでしょうか・・・。


Comments are closed